スポンサーリンク

台湾旅行

台北の2019年ゴールデンウイークは混雑真っ盛り

更新日:

今年のゴールデンウイークは、年号が平成から令和に変わり、休みが10連休という長期連休となり、国内外の旅行に出かける方で賑わっています。

飛行機のチケットが27日以降ハンパなく高かったため、私ゴのールデンウイークは1日足した26日から11連休になりました。その分、毎晩遅くまで仕事していましたけどね(泣

行きの飛行機は羽田からのCIでしたが満席。混んでいたとしても、いくつか空席が見かけられていました。

乗る前、ウェブチェックインしたときに座席変更を試みようと見てみても、空席全くなし。

今年のゴールデンウイークの台湾便は異常なほどの込み具合です。

天候は雲が覆う晴れで、気温は26℃ちょっと程度。夜はあまり湿気もなく過ごしやすかったです。

04月30日台湾から帰国の日。この日は快晴で、朝から日差しが強く叩きつけてくれます。
少し歩くだけでも汗が出てくるのを感じます。

帰る前に何か食べて帰ろうと、台北の市内を散策していると、、、街中は日本人で溢れかえっていました。

スポンサードリンク

平成最後の台湾で冰讃に行って見た

帰る前にマンゴー食べたいな~と、冰讃に行ってみたところ、

行列デース。

到着したのは12時少し前。まだ開店時間から1時間も経っていません。
ぱっと見た限り、ほとんど日本人です。

お昼の時間に差し掛かっていたので、少し空くのではないかと期待していたのですが、見事に外しました。

一昨日28日は並ばずに入れたそうですが、この日は一日中混んでいたそうです。

どう考えても30分以上は待ちそうな長さです。

しかもこの日の台北の気温は30度。立ち止まれば汗が出てきそうな暑さです。

暑さに弱い軟体動物なので、ここは冰讃をキャンセルキャンセル。

永康街はもっと日本人溢れる

冰讃のある雙連から、永康街のある東門までは、淡水線で1本で行くことができます。便利になったものです。

東門駅を降りると、、、平日なのに人大杉。

エスカレータで登っていく人の群れ。今日は火曜日ですよ。
ところかしこから日本語が聞こえてくるので、そこで察しを。

さて駅前の鼎泰豊(ティンダイフォン)の本店を覗いてみたところ、

悲惨な人だかりでした。
たしかにお昼時ですが、、、おなかが空いても躊躇う人の多さ。

鼎泰豊をはなれて近くにある高記も

行列。お昼時だからでしょうか。

先にある思慕昔、、、

お昼時でも甘いものは皆さん別腹( ´∀` )

であれば、裏路地にある永康牛肉麺なら空いているだろうと、永康街の中に歩いていくと、

、、、撃沈しました。

ああああああ。

ガイドブックに載ってそうなお店を中心に混んでいます。

同じマンゴーアイスを扱っている芒果皇帝(マンゴーキング)は空いていましたね。

皆さんガイドブック頼りすぎ。

西門町が意外に穴場だった

とはいえ、食事処は混んでいるので東門からは逃げました。

けれどもお腹は空いてきています。

たまたま友人にhelpしたところ、西門にいましたので、そっちでお昼をとりました。

さらーに、マンゴーアイスを食べて、

久しぶりの西門町だったので、阿宗麺線に立ち寄ってます。

お腹元気( ´∀` )

西門町の街中は、確かに普段から人が多いのですが、お店にはすんなり入れて空いていました。

西門は若者の街とかファッションの街などとガイドブックに紹介されていますが、飲食店も多く構えていますので、グルメも楽しめるのですよ。

駅から離れたお店だと意外と安いですしね。

メイソウありました(笑)

お腹が満たされて、平成最後の台湾旅行は終了しました。

台北にいてゴールデンウイークなどの連休の過ごし方

このように連休時期の台湾は、ガイドブックに載っているお店やスポットはかなり混んでいます。

この日はゴールデンウイークが始まってから数日が経ち、ツアーなど観光スポット巡りが一段落した日になるので、街中に繰り出す日本人旅行者が多かったのだと思われます。

連休2~3日目あたりは台北の街中は混みやすいことは、覚えておいておいた方がいいのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
photravel

Photravel

旅ログをつづっています。みなさまの応援が励みとなっています。

-台湾旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2019 All Rights Reserved.