スポンサーリンク

台湾旅行

ガールズバーみたいな林森北路で人気のスナック「JUJU」

更新日:

林森北路のキャバクラやスナックは、通り一遍にずらっと並んでいた時代とは異なり、店舗数を減らしてきております。

今は食事ができる飲食店やBARが増えてきました。

そんな状況で、開店してまだ1年ちょっとなのに、台湾在中している方に人気のある元気なスナックがあるとのことで、お友達につれられてしまいました。

わたしが行ってもいいの??

スポンサードリンク

林森北路の便利なところにあるJUJU

場所は林森北路の大通りの天津街側の8条通(條通)にJUJUはありました。

付近には台北国際ホテルやタンゴホテルなど複数ホテルがあり、南京東路を挟んでホテルオークラがあったりします。

中山周辺のホテルに泊まっていたら、ちょっと飲みに行くのに便利な場所だなぁと。

開店は2017年10月と、林森北路では新しいお店。スナックなので、純粋に女の子と一緒にお酒を飲むお店です。

JUJUに潜入

お店に入ると、なぜかマウンテンバイクがお出迎え。

更に奥に進むとカウンターがあり、奥にテーブル席があります。

すでに奥のテーブルにほかのお客さんがいらっしゃったので、カウンター席に座ります。

全体的にダークブラウンの落ち着いたデザインで、ゆったりとした雰囲気です。

スタッフは8名ほど在籍していて、20代が中心。女性だけなので、ガールズバーみたいです。

この日はチャイナ服を着ている子がいました。

みんなスリムで似合っていて羨ましい。

もともとスナックなどの夜の仕事をしていた子は少なく、夜の仕事は、ほとんどJUJUが始めてのようです。

お話しているときは普通なのですが、どちらかというと控えめな感じです。

全員日本語を話せるので、言葉が通じなかったらどうしよーといった心配はありません。

なので、台湾の観光や流行りの情報は容易く聞けると思います。

他に英語はもちろんのこと、韓国語も喋れる子もいるそうです。

JUJUのオーナーでもあり、ママさんの愛さんです。

日本語も上手なので、最初は日本の方なのかな?と思いましたが、「台湾人ですよ〜」とびっくりしちゃいました。

小顔でかわいー!

JUJUができた経緯は面白く、たまたま愛さんがここの空き物件を見かけて「お店やってみよう!」と、台湾人あるあるのノリと勢いで賃貸契約をしてしまい、後先は考えていなかったそうです。

なので開店から1ヶ月は、愛さん一人でお店のディスプレイを作りながら、お店を切り盛りしていたという、今でこそドタバタ劇場の涙ながらの苦労も、愛さんはサラッと話してくれました。

JUJUでお客さんが楽しくすごせるようにと、愛さんは日々考えながらお店を開いています。

JUJUの気になる料金

JUJUのシステムとしては、テーブルチャージ1200NTからとなっています。常連さんはボトルキープしてる方がほとんどで、この方が安く飲めるそうです。

とはいえ旅行や初めてのときにいきなりボトルキープはしにくいです。けれどJUJUさんでは、初めての方にも優しい、飲み放題2時間コミコミ2000NTのキャンペーンをやっています。

林森北路の飲み放題は、普通のBARでも1時間1000NTというのを見かけるので、良心的なお値段です。

JUJUのボトルキープの数に驚いた!

台湾でも、スナックに限らずボトルキープをしてくれます。台湾人はお酒飲まないとか言われたりしますが、けっこう飲む人多いですよ。

何気なくカウンター側のボトルキープの棚を見ていました。これだけでも所狭しにお酒があり、開店1年でけっこうな数の常連さんがいるんだーと思っていました。

そんな奇妙なw姿を私を見ていた愛さん。お酒ならこっちにもあるよー♪と別の棚を開くと、、、

出るわ出るわお酒の瓶。これぜーんぶボトルキープされています。1年で多くの方にJUJUが愛されているのが分かってしまいました。

仕事で台湾に来ている方だけではなく、旅行で来た方も気軽にUJUを利用してほしい、との愛さんからのメッセージでした。

JUJUデータ

気づけば時間が過ぎていて、帰る時間になってました。

しっかり台湾旅行の情報を得て、愛ママの笑顔のお見送りをしていただきながら、明日の予定を考えながら帰路に着きました。

また台北に来たときは、顔出させていただきますね。

JUJUデータ
住所 台北市中山區中山北路一段135巷40-1號(天津通側八條通)
電話番号 02-2100-2737
営業時間 20:00〜25:00
定休日:年中無休(旧正月等の一部祝日を除く)
システム
2時間飲み放題コミコミコース 2000NT
テーブルチャージ 1200NT
ボトルキープ 5000NTから
※会計時に10%のサービス料がかかります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
photravel

Photravel

旅ログをつづっています。みなさまの応援が励みとなっています。

-台湾旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2019 All Rights Reserved.