スポンサーリンク

台湾旅行

雙城街にある「黄記魯肉飯」は魯肉飯が美味しいお店です

更新日:

スポンサードリンク

魯肉飯は美味しいですよね♪

魯肉飯は台湾を代表するB級グルメ、というより昔から親しまれている庶民の味です。台湾のどこでも食べれて、どこでも美味しく、逆に不味いお店があまりない印象です。

それでも私が魯肉飯で美味しいお店といえば、民権西路から歩いて10分、通称「丸黄」と呼ばれている「黄記魯肉飯」が一番おいしいです。

なぜ丸黄というと、お店のマークが丸字に「黄」と書かれていることから、こう呼ばれています。昔から知っている人は丸黄が通じやすい思います。

黄記魯肉飯は昔から地元の人のみならず、駐在さんや台湾好きの方に親しまれている大人気店なのです。魯肉飯のコンテストで賞をとったこともあるので、お味は折り紙付き。

基本的にメディア取材は断っているのでガイドブックには載っておらず、知る人が知る名店なのです。以前は駐在さんなどの口コミで広がっていましたが、近年ではブログなどのネットで評判が拡散しているようです。

(以前は冰讃と丸黄を合わせて口コミで人気でしたが、冰讃は最近メディア露出が多く日本人で劇混しています)

黄記魯肉飯は昼間も列がある人気店

場所は民権西路からとことこ歩いて10分ほど。サンルート台北や山水閣の裏手の雙城街夜市にあります。お店につくと食事時前なのに、既に人が並んでいました。

でも並んでいるのは地元の人ばかりで、基本的には持ち帰りの人が多いです。そのため混んでいても店内へすぐに席に着くことができますよ。店内は綺麗なのもポイントが高いですね。

入り口傍のカウンターで伝票を持って一度着席し、注文する品にチェックして、再びカウンターにいる店員さんに伝票を渡します。

お代は料理が運ばれてきたら、店員さんが合計金額が書かれた伝票を持ってきますので、再度カウンターでお支払いをします。

日本語のメニューも備えていますが、よくある品なのでなくてもだいたいわかるかと思います。

頼んだのは魯肉飯と燙青菜、そして貢丸湯。全部合わせて105元。これだけでも400円以下とリーズナブル。がっつり行きたい方はもう一品あると満足できると思います。

この3点セットは他の魯肉飯店でもよくあるので、食べ比べにちょうどいいのですが、スープは竹筍排骨湯にする人が多いようです。あと魯肉飯では煮卵(滷蛋)もお勧めですよ。

やってきました!丸黄の魯肉飯

魯肉飯はほんのり甘辛タレがわかる、台湾では珍しく味付けが濃い方です。ですがそれがかえって日本人にはちょうどいい味付けになっていて、すごく美味しいです。

醤油とかはしょっぱいといって、台湾ではあまり好まれませんが、地元の人が多く利用しているので、絶妙な味付けなのかもしれません。

燙青菜も見た目、味付け薄いのかな?と思うのですが、食べてみるとしっかりとタレの味がわかります。そして最後にスープの方ですが、台湾のスープはコクが薄いなとよく思うのですが、ちゃんとコクがあって美味しいんですよ。

食べ終えて外に出てみると、持ち帰り(外帯)の列は増えているようでした。時間は17時前で、まだ夕飯時には早いんですがね。

黄記魯肉飯までのの行き方

最寄りの駅は、MRT中和新蘆線の中山國小站1番出口から、徒歩5分程度の雙城街夜市そばです。ですが、MRT淡水線より来られる方が多いと思います。

そのときは乗換えの都合を考慮すると、民権西路駅から歩いた方が便利です。徒歩10分弱。

MRT淡水線で民権西路駅に着いたら、階段を上って改札をでて、1番出口から出ます。駅前に面した大通りを右に曲がって、そのまま真っ直ぐ進みます。

途中の信号で青でしたら、反対側にわたっておきましょう。9番出口が一番近いのですが、MRT中和新蘆側の出口となるので、遠回りになります。

スタバのある交差点までついたら、中山北路二段を超えていきます。信号待ちがちょっと長い。

ここまで車線の右側を歩いていた場合は、ここで左側へ渡って下さいね。

まっすぐ進むとサンルートを過ぎます。ここを左に曲がっても行けます。(道なりを進んで韓国料理屋を右)

サンルートを超えて先に進むと、次の角にaloftホテルという青いネオンのビルがあります。ここを左に曲がって雙城街の通りに入ります。

曲がってすぐにファミリーマートとマッサージ屋さんがありますので、ここを直進します。

2分ほど歩くと、上の写真のような公園と雙城街夜市が見えてきて、公園手前を左に曲がると、黄記魯肉飯はすぐです。

さいごに

駅から少し歩きますが、一度食べてみる価値ありです。夜市のそばなので、軽く食べて2回戦目に突入するのもありです(笑)

余談ですが、開店当初は林森公園寄りでしたが、再開発で雙城街の中に移転したそうです。(バブル期の頃らしいので30年前。伝聞なので間違っていたらごめんなさい)その後2008年頃に、現在の場所に落ち着いています。

黄記魯肉飯


営業時間:11:30-22:00頃
定休日:月曜日
住所:台北市中山區中山北路二段183巷28號
電話:02-2595-8396

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
photravel

Photravel

旅ログをつづっています。みなさまの応援が励みとなっています。

-台湾旅行

Copyright© PHOTRAVEL , 2019 All Rights Reserved.